年老いた親御さんから我が子の生末について心配で結婚してほしいのですが、どうしたらよいのでしょう。と電話がかかってくることが時々あります。

お母さまから息子さんの心配というものが9割です。

同居されている息子さん、地方に住むお母さまで東京で働く息子さんを心配してのことなのだが…..

当のご本人はというと結婚願望がないのか親が結婚のことを尋ねると、怒られる、喧嘩になるなどで、どうしてよいかわからず相談の電話です。

聞いてみると息子さんの年齢は40代後半から50代。親御さんは80代前後といったところでしょうか。

親御さんにとっては切実で息子がこのまま独身かと思うと心配で心配で死ねない…と。

なんとかしてあげたいのですが、当のご本人と話ができないと何もしてあげられない。

お母さまになんとか息子さんに話だけでも聞いてみて、と嫌がられたり怒られたりを覚悟して説得してもらうしかないのですが…..

非常に難しい。お母さまも息子さんに嫌われたくない気持ちが強くあって断念ざるを得ないのが現状です。

そういう状況で私ができることと言えばお母さまの話を聞いてあげることしかできない。

何度も話を聞いてあげることによって息子に話をしてみる….となることもある。

でも、結果は直接話ができてもいきなり「結婚する気はない!余計なお世話」とガチャリで

取り付く島もない。 この後の親子の会話は容易に想像できます…

親がこんなに心配していることを息子さんはどれだけわかっているのだろうか….

親が子を心配するのは命ある限り続くのである。

息子さんが優しくて母親思い、母親の言うことを聞く、いわゆるマザコンといわれる息子さんのケースというと、これまた

逆に母親が息子を手放さない、結婚してほしくないというのだ。当然のごとく息子も結婚願望はない!

何なのでしょうね…心が痛いです。

数年前にフェアリーリンクにも50代、母親思いで母と長年二人で暮らしてきた男性が

入会してきたことがありましたが間もなく、お母さまに結婚相談所で婚活していることが知れ「お願いだから結婚なんて考えないでほしい。ずっとお母さんの傍にいてほしい」と

泣き付かれたと退会された人がいました。

昨今、母・娘の同様なことが取り上げられることもありますが、母・息子問題のほうが

深刻なのではと思えてなりません。