結婚相談所で成婚が決まっても破談になるケースがあります。

当方では過去に破談になったことが1人だけですがいらっしゃいましたが他の仲人さんから耳にすることは割とあります。

一番多い理由は「宗教問題」です。信仰宗教は敬遠される方が多くプロフィールに載せてしまうとお見合いが組めなくなるとの理由で伏せる人もいます。

以前は宗教や持病のある人は必ず掲載しなければなりませんでしたが、昨今、身分差別、人種差別の問題で本人の意思によって敢えて公表しなくて良いとされている

連盟も出てきていて本人が自ら話をしなければわからないということになっていたりしています。

もちろん、最終的には告白はしますが問題となるのはどのタイミングで話をするかです。

仲人さんによって色々な考え方があり結婚が決まってからにしなさい。と言われる相談所もあるようです。これが破談になる要因になるのです。

私はこのやり方はしませんし、ご本人の希望があったとしても容認しません。

話すタイミングは基本的にはご本人の意思を尊重しています。

内容にもよりますが…気持ちが入ってから話してお断りされるのはダメージが大きいので

仮交際に入って初期にという方が多いですね。

現在ウチは信仰宗教の会員さんはいらっしゃいませんが入会の際のヒアリングで信仰宗教のある方には同じ信仰宗教同士であれば問題はないですが信仰宗教は敬遠されがちで

婚活も厳しいものになると説明しています。

結婚はお互いだけの問題ではないので破談にならないためにも確認しておくべきことです。

家族に病気の人がいないか、それは先天性なのか後天性なのか、結婚後すぐに親や家族に仕送りが必要か、借金はないか(家族も含め)

しっかりと確認しあいましょう。

ちなみに当方で破談になった方は一流大学を卒業して一流企業に勤め年収も800万円で立派な肩書の男性でしたが、成婚が決まったお相手は一流企業の役員の父を持つ

いわゆるお嬢さまでした。彼は一流でしたがお父様を病気で亡くされお母様と暮らしており高卒の妹さんは既に結婚されていました。お母様も高卒でした。

先方はというと家族全員が大学卒、兄弟も一流企業勤務。家柄が違うという理由でした。

私もそこは心配だったので、大丈夫なのかと何度も確認しましたが問題ないということで送り出しのですが……

それ以降、家柄の違いには神経を使っています。

その後、彼はいわゆる普通の家庭の女性と結婚が決まり今ではお子さんも生まれ幸せな家庭を築いています。